Food

海外での人気

ルイボスティーが買いやすくなってきています

昔はルイボスティーは栄養成分豊富な上、南アフリカでしか栽培されていない貴重なお茶だということで、その価格は安くはなかったのですが、最近では栽培する量を多くすることができるようになってきたこともありまして、日本で購入するにも誰もが手に採りやすい価格で購入することができるようになってきています。最近ではペットボトルに入れたお茶としてルイボスティーも販売されてくるようになり、1本500ミリリットルで160円という、気軽に購入できる価格で買うことができます。茶葉でもティーパックにしているものが出てくるようになり、ティーパック10袋ほどで300円から1000円と価格は幅広いものですが、決して高すぎる価格ではなくなってきています。

少しずつその良さが広がってきたのです

ルイボスティーは南アフリカのみで栽培されるお茶なのですが、その中でもミネラルが豊富に含まれている土でしか作ることができないものでして、昔は不老長寿のお茶として飲まれていたものでした。そのルイボスティーの効能がとてもすばらしいものだということをロシア人の入植者が発見し、ヨーロッパで発表され、研究者が調べて知られるようになり、まずはヨーロッパ各国で広がるようになりました。南アフリカで栽培されるそのルイボスティーは、今では工場が設立され、多くの量を栽培することができるようになったのです。徐々にルイボスティーの良さを世界各国で知れ渡るようになり、今では日本でもその効能のすばらしさを知って飲む人が増えてきているのです。